貴方の現在の位置:ホーム >> ニュース >> 企業ニュース >> 消防を慎重に対処して、安全の警鐘を鳴らす、「ファイアウオール」を築く

消防を慎重に対処して、安全の警鐘を鳴らす、「ファイアウオール」を築く

作者:Alvin Chan&LinNa He日付:2018-08-01

5月30日の午後、我が社は2018年上半年の安全知識教育、消防疎開及び科学物質漏れに対するの緊急訓練活動を開いた。活動は我が社の消防安全教育を実に強めて、消防安全知識を更に普及して、そして職員全体が緊急なことに会った時の応変能力を高めることを目的としている。

 

安全エキスパートが消防、応変訓練知識を説明している

 

 訓練が始まる前に、職員全体を養成するために平安保険会社の安全エキスパートを招請した。消防安全及び初期の火事を救うための基本的な常識、工場内でいかに火事を予防するか、緊急状況に会った時いかに処理及び脱出するべきかといった我々の日常生活に関わる消防知識を説明していた。その後、訓練の時間、路線、対象について、具体的な説明をしていた。それに、今回の訓練の具体的な操作プロセス、疎開要求及び注意事項も一つずつ説明していた。

 

 

 火事が起こった後、我が社の消防応急グループの総リーダーから緊急疎開指示を出した。「火災警報」ベルが鳴るとともに、各部門が事前の訓練計画どおりに順序で整えて会社のバスケットボール場という予定の集合点で集まった。各部門やグループの責任者は安全集合点に着いてから、疎開の職員の数を点検した。そして、各部門はひとつずつに事故現場にいた職員と怪我人を探して、彼らを連れて安全に撤退して、そしてすぐに総リーダーに状況を報告した。

消防用ホースの連結と使用を説明する

 

現場で化学物質漏れの応急処理を訓練する

 

 消防実演現場で、黄岐消防中隊はこの実演を参加する我が社の職員に消防安全知識及び火災現場の注意事項を教えた。それに、各消防機械の性能、操作方法に現場で訓練した。少量の化学物質漏れの緊急処理も説明しました。

 

訓練は鉄盥にガソリンを入れている過程で火がつくことや消火器と消防用ホースを使って消火する場面をまれて、実演しました。過程中、消防隊員は我が社の職員に消火器と消防用ホースの使い方及び注意事項を一つずつ教えていた。我が社の職員も現場で練習をしました。

 

 今度の訓練過程は緊張で激しい、それに秩序立っていて少しの乱れもないんだ。今度の訓練活動を通して、我が社は突発事故に対する警備措置を実現するだけではなく、実際の突発安全事故を応対する能力も高めている。更に我が社の職員全体の安全意識も強めている。それに、危険な境地に速やかに脱出する方法も本当に把握して、緊急な突発事故を応対する能力も向上している。今度の訓練活動は所期な目標を達成しました。

 

 

  今回の安全知識教育、消防疎開及び化学品漏れに関わる応急訓練活動を通して、職員の自ら助かる能力を高めている。危険が来る時、いかに自分を保護して、危険な状態から脱出することもわかる。同時に、我が社の職員の安全意識も高めている。職員自身を鍛えるだけでなく、皆が消防を理解し、勉強する情熱も促している。消防安全宣伝事業もますます勢いよく発展している。

所属する類別: 企業ニュース

この情報のキーワード:消防 

COPYRIGHT © 2016 佛山市南海市元精密金属製品有限公司 all REVERD 住所:広東省南海区大瀝鎮黄岐泌衝台展工業団地
粤ICP备16094665号-1 テクニカルサポート:300.cn